『今読んでほしいおすすめの本』

本を読みインプットを増やすことで仕事の質を上げたい!でも何を読んで良いのか分からない…。

と思う方はいらっしゃいませんか?

私は、本屋さんに行っても何を買っていいのやら?と、本たちを目の前に立ちすくんでしまいます。

ならば、いっその事おすすめ本を聞いてみようと思い、スマートキャリアコミュニティ運営局長という立場を利用して、ビースタイル会長三原に「ぜひ皆さんに読んでもらいたい激熱本を紹介してください!」と直撃してきました。



金高:どんな本を読んだらいいのか分からないというスマートキャリアの皆さんにおすすめの本を教えてください!


三原:2冊あるんですが、1つ目はこちら。

『1分で話せ』です。

これは昨年のビジネス本のベストセラーで、ヤフー株式会社Yahoo!アカデミアの学長の伊藤羊一さんが書いています。実は私のお友達です。


金高:えっ、友達だからっていうのはちょっと…。


三原:いやいや、それだけじゃなくて。そもそもなんでこれがベストセラーになったと思う??


金高:うまく話せない人が結構いて、ニーズがあったからですか??


三原:それもあるかもしれないけど、「色んな人がおすすめしたから」だと思います。

実際私も3人に薦めました。


金高:なぜおすすめしたんですか?


三原だれでも使える技術だからです。

結局、1分で話すというのは、結論を先に伝えて、根拠を話すんだけど、それがきちんとできていない人が多いですよね。

特に、上司への報告は回りくどかったり、言い訳が多くなりがちだけど、これだけしっかり話せば良いんだよというのが分かります。

伝える技術でもありますが、考える技術でもありますよね。


金高:特にどんな方におすすめですか?


三原どの年代にもおすすめですね。新入社員も、もちろん私が読んでも「本当にそうだな」と思いました。

上司なら、部下に簡潔に報告してほしい時に薦めたらいいし、部下なら、上司に簡潔に指示してほしいと時に薦めたらいいかな。

ちなみに、私も一番1分で話すのが必要な人にあげました(笑)

グダグダ長いよって、直しなさい!ってね(笑)


金高:もう1冊は?


三原:これです!


三原EQ-こころの知能指数。1990年代のベストセラーです。才能を活かせる心の能力を意味します。

例えば、この本に書いてありましたが、とても優秀な高校生がいて、ずーっとオール5だった。

それで、たまたま高校3年生の時に物理の先生がとても難しい試験を出して、4を取っちゃったんです。

そしたらその先生をナイフで切りつけちゃったという話が載っていました。

これは、結局才能はあるけれど、自分を自制する力がないからですね。

つまり、こころの知能指数がないと、自分自身の才能を活かせない。

自分自身の才能を活かすためにも、ぜひ読んでほしいですね。


金高:特にどんな方に読んでほしいですか?


三原:内容は難しいのでミドル以上におすすめの本ですが、ぜひ子育てをしている方に読んでほしいです。


金高:それはなぜですか??


三原:いかに人間のEQ力が幼いころに養われるかという事がたくさん書いてあります。

子どもとのコミュニケーションが、どれだけEQに左右するかとかね。

子どもに対する接し方は、変わると思います!

本の内容はあまり言えないけど、マシュマロテストが分かりやすかったですね。

4歳の子どもを、マシュマロが1つある部屋にいれて、ママが戻ってくるまで食べずに我慢できたら2個食べられるよと伝えます。やっぱり食べちゃう子と、頑張って食べずに待っていられる子といますよね。

その子たちの10年後の情緒をコントロールする情緒力と学力にすごい差がある。ちゃんとコントロールできる子は、学力も高いし、情緒をコントロールできる。そういう力はもう4歳で決まってしまう。


金高:えっ!?私の子ども、もう4歳過ぎちゃってます!!早く読まないと!!


三原:ははっ(笑)。気質は変えられるみたいだよ。まだ大丈夫、読んでみてください。



金高:そういえば、この『EQ-こころの知能指数』で読書会をすると聞きましたが、読書会ってどうやってやるんですか?


三原:まず、A4の紙1枚に感想文を書きます。

例えば、自分が実践できていること、できていないこと、共感できること、できないこと。

あと大事なのはこの本を読んで、何を一番自分の糧にするかということ。

結局、年を取っていく上で、一番大事なものは「気づき」と「学習」だと思います。

何に気づけたのか、学習になったのかをまとめて、みんなで話し合います。

これをすると、他の人の気づきも得られますよね。それもまた学びになります。

ある経営者の方が言っていましたが、「天才でない限り、人間はディスカッションによって能力が向上する」って。

これは本当にそうだなと共感できます。

それぞれインプットした情報を共有して、自分で気づかなかった気づきを得て共感する。

それが読書会の良さですね。

左:「1分で話せ」 【著】伊藤羊一 【出版社】SBクリエイティブ株式会社
右:「EQ-こころの知能指数」 【著】ダニエル・ゴールマン 【訳】土屋京子 【出版社】株式会社講談社 



実は三原、奥さまとも晩酌しながら読書会をしたそうです!

大事なのは、どう思ったというのはその人の勝手なので、肯定すること。気づき自体を言ってくれたことに対して共感できればいいよね。と話していました。

仲良し夫婦を垣間見たインタビューとなりました^^

スマートキャリアコミュニティでも読書会開催してみたいですね!



スマートキャリアコミュニティはFacebookで運営しております。

参加されたい方はこちらをご覧ください。
登録はこちらです。

※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000