スマートキャリアの達人から学ぶ!短時間で成果を出す仕事術とは

今回お話を伺った小林律子さんは、スマートキャリア歴7年。

これまで数社でご就業いただいていますが、どの企業からも評価は高く、「期待以上のパフォーマンスを発揮してもらえた!」「仕事の精度、責任感共に高い!」「お客様からの信頼が厚く、自分から進んで行動ができる!」というお言葉をいただいています。

小林さんは、商品や服飾のデザイン、webデザイン、企画マーケティングなどクリエイティブなお仕事で経験を積み、現在は、スマートキャリアのお仕事を週に2-3日、それ以外はご自身の事業、そしてご主人の事業のお手伝いとトリプルワークをされています。

週に2-3日の勤務で、こんなに企業の満足度が高いのには、きっと秘密があるに違いない!

そう思い、スマートキャリアの達人小林さんに成果を出すための仕事術について直撃してきました!




金高:どんなことをモットーにお仕事されていますか??


小林さん:そうですね。モットーというよりも、仕事をする上で大切にしている事は2つあります。

1つは、『無駄を極力なくす』。

もう1つは『途中経過から相手の満足度を高める』です。

 

金高:具体的には??

 

小林さん:経験上、途中で悩んだり、やり直したりすることが、一番効率を下げると感じています。

また、焦るとよくない方向へいってしまうことが多いので、クライアントや一緒に仕事をするメンバーには時間や思考に余裕を持っていただくこと、また、できるだけ早く信頼関係を築けるように、いくつか心がけていることがありますね。


金高:心がけている事とは・・・?


小林さん:チームで取り組む場合と、クライアントと直接お仕事をする場合では若干違いますが、共通すると思う部分をお伝えしますね。


金高:お願いします!!


小林さん:まずは、コミュニケーションをはかり、目標やコンセプトをしっかり共有することです。


金高:『しっかり』というのがポイントに感じましたが…。


小林さん:そうですね。

なんとなくの目的やゴール設定だと、業務をしているうちにずれていってしまう事ってありませんか?

そんな時、目的やゴールを明確に共有していれば、共通の判断基準を持つことができますよね。

もし何かあった時でも、決断が早くなるんです。


金高:ゴールは明確に!そして共通の判断基準とするということですね。他には??


小林さん:目標までの道のりをはっきりとイメージすることです。


金高:なんとなく、やってみよう!って始めることが多々あります…。


小林さん:取り掛かる前に、全体を把握してイメージすることで、やるべきことや手順が明確になります。

早めに動いておいた方が良いことや、準備しておくことなども見えてくるんですよね。

他にも、途中で起こりうる問題点も予想できるので、事前に対処できることも多くなって、効率アップにつながりますよ


金高:なるほど…。着手前に結構深いところまでイメージするんですね!


小林さん:そうですね。あとは、自分のことは自分でコントロールできますが、チームメンバーやクライアントと一緒に進める場合は、ある程度余裕をもって進行できるように考えています。


金高:周囲の方への気配り!大切ですね。(これが高評価の秘訣なのかも…)


小林さん:(笑顔)あとは、相手に何かを投げかける時や、相談・問題が発生した場合、必ず複数の提案を用意しています。


金高:なぜですか??


小林さん:相手に対して0から答えを求めるのは、相手にとって負担になりますよね。時間もかかります。

あらかじめ、質問と、「こんなのはどうでしょうか?」と具体案を添えることで、相手も理解しやすく短時間で答えが出る場合が多いです。


金高:うちのチームの若手ですが、問題が発生した時、上司に事実だけ報告し、「これどうしましょう!?」って突っ込んでいって、「それを考えるのが仕事でしょ(怒)」という最近の風景をふと思い出しました…(笑)。

ちなみに、先ほど複数の提案とおっしゃっていましたが。


小林さん:はい。必ず複数の提案やシミュレーションを用意して、相手に選んでいただけることを心がけています。

1つしかない選択肢よりも、複数の中から選んでいただく方が相手の満足度も高まります。

また、提案ごとにイメージも沸くので、より良い解決方法が、円滑に短時間で見つかる可能性が高まります。


金高:小林さんは、スマートキャリアでは週に2-3日勤務ですが、日数が少ないからこそ気を付けている点はありますか?


小林さん:私がいない時でも、周りの方が安心できる仕事の仕方を心がけています。


金高:と言うと…?


小林さん:基本的なことですが、「報連相」の徹底ですね。

何をどうやって進めているのか?いまどういう状態なのか?分からないと誰でも心配・不安になりますよね?

そうならないために、コミュニケーションをはかり、スケジュールや進捗を共有できるようにしています。


金高:小林さんの仕事術をお聞きしていると、一緒に仕事をしている方に対する心配りをとても感じます。


小林さん:仕事は、必ず相手がいますよね。

その方々といかに信頼関係を築くか、これは欠かせないポイントです!

金高:心に響きます。信頼されるためにも、相手の視点に立って考えるのは大切ですね。

色々聞きつくした感はありますが、他に何か気を付けていることなどありますか?


小林さん:そうですね…。

やはり今の自分に満足することなく、自分を高めることは意識しています。

足りないなと思ったところは、勉強したり技術を高めたり。日頃から役に立つ情報は収集しています。

あとは、振り返りですね!

これは大事です。

仕事の途中段階や、完了したものについても一度立ち止まって、反省点や気が付いた点を振り返るようにしています。

他の仕事に活かすのはもちろんですが、フォローが必要なことに気が付くこともあります。

気が付いたらその時点で追加対応できますから、そこでまた満足度も上がりますよね。


金高:ビースタイルも週に1度、チームで振り返りをしています。

自分で振り返ることで気づきもありますが、メンバーと共有することで、気づかされることもあり、次のステップが見えることもあります。

振り返りは大切ですよね!私もおすすめです^^



スマートキャリアの小林さんの仕事術。いかがでしたか?

どれも基本的なことではありますが、自分の業務を振り返るとなかなかできていないこともあるのではないでしょうか?

お話を聞いていて感じたのは、相手への心づかいや気配りを常に持っている方ということ。

仕事をする上で、「顧客視点」という言葉をよく聞きますが、仕事も相手ありきであり、相手の視点に立ち、先回りして提案することが効率よく生産性の高い仕事をするポイントなのではと感じました。

ちなみに、小林さんにどんな基準でお仕事を選んでいるか聞いてみました。

結果を出せるやりがいある仕事であることは前提で、お客様が満足してくれているか?笑顔になってくれているか?いつもその先にある誰かの笑顔を想像しながら仕事をしていますとおっしゃっていました。

本当に素敵な方で、見習うべき点がたくさんあり、刺激をもらえたインタビューでした。




スマートキャリアコミュニティはFacebookで運営しております。
参加されたい方はこちらをご覧ください。
Facebookグループへの参加申請はこちらです。

3つの質問にご回答いただけた方のみグループにご参加いただけます。

※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000