「キャリアアップする」って、つまりどういうこと? 

~スマートキャリアで実現するキャリアアップの形~


経験・スキルの「掛け合わせ」が、キャリアを強くする


「キャリアアップしたい」

スマートキャリアに登録・就業されている皆さんからは、そんな声をよくお聞きします。

「スキルアップしたい」ではなく、「キャリアアップしたい」なのです。


「キャリアアップ」というと、世間一般ではまず、「昇進・昇格」がイメージされるのではないでしょうか。縦型組織の中で、課長・部長・役員……と、より上位ポジションに上がっていくことです。

しかし、スマートキャリアの皆さんは、ご自身のキャリアにおいて、必ずしも昇進・昇格を目指しているわけではありません。

現在の育児、そしていずれ発生するであろう介護など、ライフスタイルの変化に柔軟に対応しながら、「とにかく長く働きたい」という想いが強いと感じています。


では、そんな希望を叶える「キャリアアップ」のあり方とはどんなものなのでしょうか。


スマートキャリアでは、「横型キャリア」を提唱しています。


専門スキルを活かしてスキルアップしながら、多種多様な仕事をする。

特定の専門スキルを軸としつつ、別の経験も積んで新たなスキルを身に付ける。

そうして、さまざまな経験やスキルを「掛け合わせる」ことによって、ビジネスパーソンとしての価値を高めていくということです。


「○○業界の経験」「○○職の経験」「○○のスキル」の所持項目が増えるほど、掛け合わせのバリエーションが増えていき、活躍できる場の選択肢が増えていきます。

正社員・派遣・フリーランス(業務委託)、どんな雇用形態であっても、です。

さらには、「この掛け合わせ経験を持つ人は他にいない」という「希少人材」になり、「それを求めるのはどんな企業か」を意識して就業先を選択することで、価値を最大限に発揮できるでしょう。

スマートキャリアでは、そんな形の「キャリアアップ」を支援したいと考えています。


スマートキャリアを通じて、経験の幅を広げる



実際、スマートキャリアで働く皆さんがどのようにキャリアを「横展開」しているか、一例をご紹介しましょう。


●Aさん

<スマートキャリア利用前>

主にエンターテイメント業界での広告宣伝、販売促進、広告営業など、企画中心の仕事

<スマートキャリア利用>

プロモーション手法の知見を活かしつつ、Webマーケティングの中でも新しい手法である「コミュニティマーケティング」の領域を経験し、幅を広げた


●Bさん

<スマートキャリア利用前>

Webコンテンツのライティング・編集

<スマートキャリア利用>

Webコンテンツのライティング・編集の経験を活かしつつ、

「ディレクション」業務まで担うようになった


●Cさん

<スマートキャリア利用前>

IT業界の営業


<スマートキャリア利用>

営業として培ったIT業界経験をベースに、IT企業の経営企画部門に就業。

コンプライアンスなどの社内法務業務を経験し、幅を広げた


●Dさん

<スマートキャリア利用前>

食品メーカーの商品企画

<スマートキャリア利用>

「ユーザーニーズを探る」「広報室を立ち上げる」など、新たな取り組みにチャレンジしてきた経験を活かし、人材サービス業界でマーケティングを担当するようになった


なお、横展開していくベースとなるのは、あくまで「これまで積んだ経験」です。

それを活かしつつ、新たな経験を積める場に出会っていくことで、円滑なキャリアアップにつながるでしょう。

これまでの経験が、自分では思ってもみなかった業界や職種で応用できるケースも多数あります。

スマートキャリアを通じて、新たな可能性を探ってみてはいかがでしょうか。



スマートキャリアで「昇進・昇格」のケースも


スマートキャリアが実現するキャリアアップについて、ここまで「横型」とお伝えしてきましたが、場合によっては「縦型」――つまり上位ポジションへのキャリアアップにつながることもあります。


ある方は、スマートキャリアで就業した会社で、後に執行役員へ昇格されました。

その方は正社員時代、30歳で管理職に就任。

出産後、時短勤務制度が整っている企業に正社員として転職しましたが、人事制度上、管理職への昇進可能性はありませんでした。

そのとき、「マネジメントこそが自分の適性であり、やりがい」と気付いたそうです。

その後、スマートキャリアに登録。時短でキャリアを活かせる会社に出会い、実績を挙げたことで、役員へと引き上げられたのです。

 

このほか、スマートキャリアから直接雇用に切り替わるケースも多数あり、その場合は組織の中で昇進・昇格していく道も広がるでしょう。

スマートキャリアの求人案件には、「専門知識を活かして仕組みづくりから担ってほしい」というものもあります。単独で行う場合もありますが、チームを組成し、若手メンバーへの指導・育成まで任されることも。

こうして、「チームビルディング」「メンバー育成」という経験を積むことで、いずれ子育てが落ち着いた頃に再びフルタイム正社員への転職を図る場合にも、「リーダー」「マネジャー」や、その候補のポジションを狙える可能性もあります。 


キャリアアップの形は人それぞれ。

「経験の幅を広げて、その時々のライフスタイルに応じてさまざまな業界・会社を渡り歩ける人材になりたい」「組織の中で、チームで働き、チームを育てたい」など、さまざまな形のキャリアアップの可能性が広がるように、スマートキャリアは応援していきます。





スマートキャリアコミュニティはFacebookで運営しております。

参加されたい方はこちらをご覧ください。

Facebookグループへの参加申請はこちらです。

3つの質問にご回答いただけた方のみグループにご参加いただけます。


※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。


0コメント

  • 1000 / 1000