2020年代、私たちはどう自分らしく働くことを実現するのか

~あなたは自分のスキルを可視化 できていますか?~ 




2019年11月に実施したスマートキャリアコミュニティのオープンイベント「スキルの可視化実践セミナー」はご応募を多数いただき、皆さんからの興味関心がとても高かったワークセミナーでした。

今回は、その講師をしていただいた広報ブランディングコンサルタントとして活躍する 株式会社MaVie代表取締役 志賀祥子さんに、セミナーテーマでもある『スキルの可視化』と自分らしい働き方の実現についてお伺いしました。 





2020年代突入、働き方はどう変わる?



働き方改革が声高に叫ばれ、各社で「副業」が解禁になり、多様なワークスタイルの選択肢が増えて

いるなかで、その新たな選択肢や環境を活用できているビジネスパーソンはまだ多くありません。


昨年には経団連の会長が「終身雇用を前提に企業運営、事業活動を考えることには限界がきている 」と発言し、日本社会に大きなインパクトを与えました。

今後の日本社会では、その時々に必要なスキルを持った人材を流動的に採用していく欧米スタイルに変化していくことが予想されます。


また長い人生において、性別問わず誰もが育児や介護などで働き方を変えないといけない時期が訪れることも予想されます。


そのときに、あなたはどのようなスキルを活かして働きますか?


「個」のスキルが重要視され、1つの企業に属する終身雇用制度は崩壊し、不安定な時代。

私たちはどういうキャリアを実現していくのか、いま改めて考える直すときなのかもしれません。


自分らしく働くために、今すべきこと



では、どのような「個」のスキルをもっていれば、「自分らしい働き方」が実現可能なのでしょうか。

決してエンジニアやデザイナーといったクリエイティブな専門職だけが自由な働き方を実現できるのではありません。

ビジネススキルがある誰もが「個」のスキルを活かして、自由に働くことが出来る可能性を持っています。


そのために、まずは自分のスキルを明確に可視化することが重要です。

今までのスキルを洗い出し、そのうえで、今までの経験を活かして、強みを伸ばすために何をするべきなのか。


弱みを強化するために業務の幅を広げたり、あるスキルに特化し専門性のある価値を提供できるようにスキルをつけていくのか。

さまざまな方法があります。


まずは今までのキャリアの自分史をエピソードも交え、書き出してみてください。

そして属していた企業や部署ごとに、そこでのスキル・経験を整理してみましょう。

キレイに書き出さなくてよいので、思いのままに箇条書きにして書き出してみましょう。


たとえば「#社内広報」のようにハッシュタグで書き出すと、短い文字数でたくさん書き出せるのでおすすめです。


私の場合は、会社員時代にこの棚卸しをしました。

そして、フリーランスとして独立するため、強化すべきスキルを定めた結果、計画的にその経験ができる環境に身を置くことができました。


そうすることで、独立後に自分の強みを活かし、かつ経験のなかった新たな領域のスキルをつけることで、仕事の幅が広がったのです。

もしこの棚卸しをせずにいたら、今のように独立して仕事を継続していることは難しかったかもしれません。


新たな一歩の踏み出し方



重要なのは、スキルを可視化して終わりではなく、そのスキルを元に、今後どのようなキャリアを目指すのか、目標を定めて実行することです。

今持っている強みを強化していくための経験を積むのか、今まで経験の少ない領域を経験し、強みを増やしていくのか。


働き方において「土日休み」「時短」「週3」「キャリアアップ」など、自分の譲れない軸はどこなのか、優先順位をつけることも必要です。


こうして自分のスキルを可視化することで、今後の注力領域と、譲れない軸が明確になったら、新たな一歩を踏み出すために行動に移しましょう。


自分のスキルはどんな企業で活かせるのか?どんな働き方ができるのか?スマートキャリアにある色々な募集要項を見るのもよいですね。


今までのキャリアを生かして、自由な働き方を実現するにはどんな選択肢があるとよいのかを、自分で探ってみる。

さらにそれを継続するのは、容易くありません。


1つの組織に固執することなく、 「個」のスキルで生きていくとなったとき、自分を自分で律し、自己管理をして、自分を教育しながら成長していくことが求められます。

自分で自分を成長させるセルフマネジメントをもつことができるのであれば、試してみてはいかがでしょうか。



株式会社MaVie 代表取締役 志賀祥子

東京都出身、1児の母。2009年に大手住宅メーカーにて社長秘書と広報を兼任。その後企業の広報責任者としてスタートアップから大手上場企業まで、数社の広報室立ち上げや再構築、ブランディングに従事する。7年間の企業広報経験や知見を活かし2015年に広報コンサルタントとして独立、2019年に起業。広報ブランディング支援事業のほか、女性・ママ目線の商品PRや企画、女性活躍支援にまつわる研修講師、コミュニティの企画運営を行なう。





大人の学びサークルは、2020年5月末で活動を終了いたします。

スマートキャリアコミュニティFacebookグループは引き続き運営いたします。


参加されたい方はこちらをご覧ください。

Facebookグループへの参加申請はこちらです。

3つの質問にご回答いただけた方のみグループにご参加いただけます。


※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000