新規事業開発/SE:山中梨々子さんのスマートキャリア

『残業なし』が転職の第一条件。

仕事も家庭も学びも、すべてを充実させる自由な働き方、それが私のスマートキャリア 




■転職の条件は「残業なし」「裁量あり」「給与十分」


―スマートキャリアという働き方を選んだきっかけは?

夫の海外転勤がきっかけですね。

私は新卒で独立系ソフトウエア開発会社に就職し、3年間プログラマとして経験を積み、以降リーダー職としてマネジメントをしていました。

夫が海外転勤となったのは7年目、第一子の育休明け半年の時です。

当時、大きなプロジェクトのリーダーを任されていたので、プロジェクトを終わらせた後退職し、子どもと一緒に海外転勤先に行きました。

その後、1年ちょっとで帰国したので、前職に復職させてもらうことになっていましたが、第2子が待機児童となり保育園に入れず…。

結果3年半のブランクとなり、正社員ではなく、時短のパートで復職となりました。


 3年半もブランクがあったので、働けるだけありがたいとは思いましたが、正直アシスタント業務であるパートの仕事は単調に感じてしまい、転職を考えました。


一般的にSE職は残業が多いことでも知られる職種…。

子育ても自分のやりたい事も充実させたいと考えていたので、転職の第一条件は「残業なし」でした。

雇用形態には特にこだわらず、「残業なし」に「裁量あり」「給与十分」を加えた3つの条件で探し始めました。 

他社のエージェントを利用して数社面接しましたが、3つの条件を伝えるとどこも「それは難しいですね…」という反応でしたね。

正社員だと残業あり、派遣のSEは残業あり&裁量なし、パートは裁量なし&給与低いで、なかなか希望に合う仕事が見つからなくて…。

もっと柔軟に自由に働ける方法はないのかと考えていた時です。

Facebookの広告で「スマートキャリア」を知り、「これだ!」と思いました。

登録後、すぐに今の裁量ある仕事を紹介してもらい、時給も3000円以上、週4日7時間勤務。

私の目指していた自由な働き方を実現できました。 



■時間ではなく、成果で評価。働き方もフレキシブルに対応してもらえる


―「スマートキャリア」を利用して良かったのは、どんなところですか?


現在は前職でのSEとしての業務、マネジメント経験を活かし、システム系事業会社で新規事業開発の企画業務をメインに、SE業務にも携わっています。

前職はSEの上流工程の仕事をしていましたが、下請け会社だったので、クライアントからの要望されたシステムを「要望通り正確に作る」ことに集中していました。

今は、事業会社の新規事業開発部門なので、自社のデータベースシステムを利用してどんな新しい事業を展開していくかを企画したり、クライアントからのこんなことできないかというふわっとした声を形にする仕事をしています。今まで経験したことのない企画の本質にかかわるプロセスを経験できています。

そこで必要な知識なら、セミナーへの参加や、本の購入もOK!という上司なので、新しい知識もインプットでき、今までとは違う高い視座、広い視野で物事を見られるようになったのはプラスになっています。 


実は私、性格的に、感じたことや思ったことを正直にバンバン言ってしまうんですよね…(笑)

問題や課題に対してこうした方がいいという私の提案を、現職では普通に受け入れてくれます。

「派遣」というと、言われた仕事をして、それ以上はしないでというイメージでしたが、真逆でした。 


新型コロナウイルスで、子どもたちの学校や保育園がお休みになった時も、かなり柔軟に対応してもらい、今後もしばらくは、毎日在宅で仕事をする予定です。

休校中は、途中離席したり、子供に手がかかりすぎると規定の時間まで働けなかったりなども日常茶飯事でしたが、成果がでていたら問題ないと、勤務時間を合算して給与を計算してくれました。

働く時間ではなく成果で見てくれるスタンスが、自由に働きたいという私の想いとフィットしています。 



■人生は想定外のことだらけ。何が起きても自分らしく働けるよう準備はしている


―今後どのように仕事を続けていきたいと思っていますか?


海外転勤、待機児童、今回のコロナもそうですが、想定外の出来事をたくさん経験してきたこともあり、5年後・10年後といった先のキャリアは考えない方針なんです(笑)

人生は想定外のことだらけ。

いつでもどこでも何が起こっても、自分に合ったスタイルで働き、きちんと収入も得られるように、スキル・経験・知識を日々磨いて自らを高めていきたいです。 


今、特に学んでいるのは「英語」と「教育学」です。

英語は、以前から継続して勉強していますが、まだ仕事で英語を使った経験はありません。

ただ、技術的な調査をしていても英語の資料の方がたくさんありますし、派遣の求人を見ていても英語が使える仕事だと時給も高いですよね。

自分を高めるためにも英語の勉強はずっと継続していきたいと考えています。 


「教育学」はここ最近はまっている学びです。

新型コロナウイルスの影響で、子どもたちの学校や保育園がお休みになったことが、子どもたちの教育を考えるきっかけになりました。

海外のオンライン授業は進んでいるという話を聞くと、インターネットで調べたり本を読み漁ったり…。

これからの時代自走できる人間に育ってほしいけど、そういう教育ってどんなものなのか?を調べたり…。

その時々で、知りたい・やりたいことを学び、インプットを増やせるのも、以前の職場ではできませんでした。

週1日、自分の時間を作れるスマートキャリアの働き方だからこそ実現できています。 



―最後に、山中さんにとってのスマートキャリアとは?

バリバリ正社員で働くか、本意でない仕事をパートでやるかという2択だった働き方に、もう1つ新しい選択肢を与えてくれました。

やりがいある仕事も家庭も自分の学びも、すべてを充実させることができる新しい働き方です。 


<左>今、はまっている学び「教育学」の本。参考になるところには付箋をつけて…。
自分の学びに時間を費やせるようになったのも、スマートキャリアで仕事を始めてからです。
<右>息子の作品です。休校中は大好きなレゴを使ったコマ撮りアニメに挑戦。夢中になって作っていました。



スマートキャリアお仕事一覧

「IT系(SE・PG)」の求人はこちらです。


スマートキャリアコミュニティはFacebookで運営しております。

Facebookグループへの参加申請はこちらです。

3つの質問にご回答いただけた方のみグループにご参加いただけます。

※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000