Web制作・編集:小野寺真弓さんのスマートキャリア

自分の夢・目標を実現するための理想的なソリューション。それが私のスマートキャリア



■限られた時間の中でスペシャリストになるために必要な経験やスキルを身につけられる


―スマートキャリアという働き方を選んだきっかけは?


私には将来なりたい夢というか、目標があります。

家庭を大切にしながらも、webのスペシャリストになり一気通貫でお仕事できるようになることです。

スマートキャリアはそれを実現できる一番の近道だと思ったからです。 

 

仕事は好きで、今まで大手電機機器メーカーで秘書室や海外営業、放送局で番組編成の仕事に携わり、息子が生まれてからも、22時まで預かってくれる保育園を利用しながらギリギリまで預けて仕事をするという生活を送っていました。

しかし、小学生に上がる際、学童では18時までしか預けられず、もっと息子に寄り添いたいという気持ちも強くなり、仕事を辞めて専業主婦になったんです。

専業主婦の時は、PTAや学習教室の先生などをして、子どもに近いところで色々な活動をしながら、地域とのつながりを大切に過ごしていました。 

息子が4年生になった頃、手もかからなくなってきたので、家族と話し合い、「パートタイムで」という条件で放送局の契約社員で社会復帰し、初めてweb制作の仕事を経験しました。

その時、純粋に「この仕事楽しい!」と思ったんです。 

ちょうど、私の周りで個人事業を立ち上げている方々からいい刺激を受けていたこともあり、将来自分の仕事としてwebサイトの企画から立ち上げ、コンサル等を一気通貫でできるようなったらいいなと考えるようになり、最終的な目標に設定しました。

 

私はいつも次の仕事を考える時に、逆算して考えるようにしているんですね。

例えば、定年が60才だったとしたら、いつまでにこのスキルを身につけなければというタイムラインを作るような感じです。 

そう考えると、他の仕事に費やす時間はない、専門性を高めるためにもひたすらWebの仕事に打ち込める環境に行かなくてはと思いました。

放送局の仕事は、経理や総務など事務全般の仕事もしており、webの仕事はほんの一部だったので、転職を決意。 


家族との時間は大切にしたかったため、『時短』×『専門性を高める』働き方を条件に仕事を探していた時にスマートキャリアの存在を知りました。

正社員で働いていた時、貿易事務や広報などスペシャリストで活躍されている派遣社員はいましたが、週5フルタイムという意識しかなかったので、派遣でも時短で働ける実績があることを知り、感動しながら「これだ!」と思いましたね(笑)



■少し高い目標で仕事をする環境を作り、できることを増やしている



―「スマートキャリア」を利用して良かったのは、どんなところですか?


限られた時間でも、その時々で自分に必要なスキル経験を積める点が良いところですね。

私のようなwebの仕事が1年程度の経験でもHTMLとCSSができればOKという求人も結構あったように記憶しています。

現在、ビースタイルスマートキャリアを通して就業するのは2社目ですが、1社目はとにかく書く力を身につけたいと思い、webサイトの運営の他に、週1回メールマガジンの配信を行う仕事を選びました。

そこで経験年数も3年以上積めて、期待していたスキルも習得できたため次のステップとして、マーケティング施策に関係するwebデザインや集客方法を習得したいと思い、今の会社のスマートキャリア求人に応募しました。 

就業先で初めてMAツールを導入するという仕事に携わり、正社員の方たちと一緒にいちから学び、マーケティング施策にフル活用できるまでスキルを身につけることができています。

私は仕事をする上で、常に自分の持つスキルよりも少し高い目標をいただき、お仕事をする環境を作るよう意識しています。(もちろん先方に迷惑がかからないことが大前提です)

ちょっと高いハードルに挑戦し結果を出すことで、できることも増え、スキルアップも実感できています。 


 あとは、週3日、6~7時間勤務なので、空いている2日間でクラウドソーシングを利用して個人の仕事を受けたり、就業時間中に業務を通して新しい学びがあるのは、スマートキャリアだからこそですね。 派遣先での仕事からの学び、それ以外の学びで相乗効果を発揮しています。



「時短×web」の仕事で大切なのは、自分の工数を把握すること


―「webの仕事」は納期必達のイメージがありますが、短日数・時短でどう対応されていますか?


自分の工数感覚を養うことと、コミュニケーションを大切にすることで、時短でも問題なく対応できています。

自分がどの作業にどのくらいの時間がかかるのかをきちんと把握していれば、依頼が来た時も話し合うことができます。

例えば急ぎの案件だったとしても、できる限り努力はするけれど、このくらいの時間はかかるときちんとお伝えすることで、その先の関係各所との調整が可能です。

大切なのは、相手に迷惑をかけないためにも自分の工数を把握することだと思います。 



■これからは自分が主役!家族も仕事もサードプレイスも出会いを大切に楽しみたい

―今後どのように仕事を続けていきたいと思っていますか?  


専業主婦や子どもが小さい時代は、自分が主役になることはあまりなかったですが、 家族・家庭の事は大切にしながらも、今後は自分が楽しい!面白い!と思うような仕事に積極的にかかわっていけたらいいなと思っています。 


今、ボランティアで地元の「学び合いを軸にしたコミュニティ」の運営にも携わっています。

webサイトやFacebookページを立ち上げ、キックオフを主催し、1周年を迎えました。現在600名を超える方が参加してくださっています。 

いつ、どこで、どんなチャンスが待っているか分からないので、仕事だけでなく、ボランティアや地域とのつながりを通して、色々な方々との出会いは大切にしていきたいですよね。

そして多くの方から刺激を受け、吸収できるものを吸収して、最終的に自分の仕事にもつなげられたらと思っています。 



―最後に、小野寺さんにとってのスマートキャリアとは?


自分の夢、目標を実現するための理想的なソリューションです。

家族や家庭を大切にしながら、webのスペシャリストになり一気通貫で仕事ができるようになりたいという目標に向かうための環境をスマートキャリアなら完璧な形で与えてくれます。 


左:ボランティアで運営を手伝っている地元コミュニティ(鎌倉マインドフルカレッジ)で知り合ったメンバー。キックオフイベントでは、企画進行・運営・設営・資金管理を担当。当日は100名ほど参加していただきました。


右:息子も高校生になり、初めてニューヨークへ1人旅に!ずっと行きたかったブロードウェイミュージカルを存分に楽しみました。限られた時間でプロフェッショナルとして仕事をするメリハリのある働き方が可能なスマートキャリアだからこそ実行できたと思います。



スマートキャリアお仕事一覧

「Web・DTP」の求人はこちらです。


スマートキャリアコミュニティはFacebookで運営しております。 

Facebookグループへの参加申請はこちらです。

3つの質問にご回答いただけた方のみグループにご参加いただけます。 

※承認は土日祝日・年末年始を除き対応しております。承認までにお時間がかかる場合があります。予めご了承ください。

0コメント

  • 1000 / 1000